気づきは次から次へと

今日また気づいたことを書こうと思います。
 
昨年から古い価値観(思い込み)や他者へのジャッジを少しずつ手放して
すっかり自由になったと思っていたけれど、実は違ってた。
 
「なんでもOK」じゃなきゃダメ っていう
おかしな思い込みを持ってしまっていた。
 
手放したと思っていたのはまったくの勘違いだったの。
 
今朝、本を読んでいたら、
 
人には「品格」(気高さ、品のよさ)があって、それを身につける術(すべ)がある。
 
そのようなことが書かれていたの。
 
読みすすめるうちに、忘れていた品格が顔を出してきたのね。
思えば、私は長いこと品格を置き去りにしてきたのだったわ。
 
 
人の顔色をうかがって本音を隠したり、
自分に良いものを与えずどうでもいいものでごまかしたり、
誰も見ていないからと薄汚れた気持ちを抱いたり、
誰かを心の中で裁いたり、
 
 
そうしている自覚すらなくなるほどに自分にウソをつい
なんでもOK で寛大で自由なふりをしていた。
 
品格を無くしていた。
 
そして、今朝、その本を読むことによって、
品格を思い出し、それをふたたび身につけよう と思ったのね。
 
効果はすぐにあったわ。
 
私が品格を呼び覚ますと、懐かしい生き生きとした感覚が蘇り、
私は自分に価値を見出し始めたの✨
 
そして、意外だったのは、
半日前までは心の中で裁いていたすべての人々の中に「品格」を見出したこと😌
 
 
~今日の気づき~
 
自分の中から「あるもの」を失った状態だと、他者の持つ「それ」に気づけない。
 
 
ここまで読んでくれてありがとう。
またね。

f:id:namiki85:20171020214534j:plain