ふられた時はこうする。

なみきです。

 

先日、長年お付き合いした彼にふられた友人の相談に乗ったのね。

ふられた理由は、友人のわがままに彼が我慢できなくなったから。


「我慢してつき合ってくれても、彼が自分らしさを出せないなら、相性が合わないっていうことだよね。」

そう言うと友人は、はっとして、「気づかなかった!」と言った。

 

「でも、これからは私が変われば元に戻れるはず」と言う彼女に、
「そうすると今度は自分が我慢することになるけどいいの?」ときくと、
少し考え、それは嫌だと言う。

 

それぞれ、自分らしさをそのまま受け入れてくれる別のパートナーがどこかにいるはず。

そんな結論に、彼女はだいぶ気持ちが入れ替わり、

「まずは綺麗になることを目指します!」と、笑顔で去っていった。

  

どちらかが我慢して成り立つ関係は、愛情よりも忍耐が上回った時、破綻する。

 

本当に好きなら、弱点を見せても大丈夫。

思い切って本音で話してみよう。パートナーと。

気持ちを伝えよう。

 

そしてもし、受け入れられないなら、運命の人はその人ではないということ。

つらい別れは、もっと素敵な人と出会うための通過点と思えばいい。

 

年齢は関係ない。

思い込みを捨てればいつでもチャンスがやってくる。

心を軽やかに、本当にやりたいことをしていれば、

いつの間にか周りの人はあなたに夢中。

 

なみきのLINE@があります。

かすかにでもセミナーに興味ある人は登録すると面白いかも!

 ID @vlj2203z
https://line.me/R/ti/p/@vlj2203z

 

f:id:namiki85:20170223220959j:plain