後ろ指さされても、好きって言えるか!?

なみきです。

私ね、何年か前に、あるバンドが好きになって、ライブに友達を誘ったのね。

 

私「ねーーー、〇〇っていうバンドが気になるんだけど、行かない~?」

 

友「えーーー・・・〇〇のファンだと思われるのは恥ずかしい

から行かない」

 

私「・・・∑(゚◇゚;) 

 

 

無理もない。わかるわー。私も同類だもの。

いるでしょ?そういうかっこつけたがりの音楽好き。<(  ̄ ≧ ̄)>

 

でもね、その恥ずかしさを乗り越えて、私はそのバンドのライブに行ったのよ。

単発じゃないわよ。2年ぐらい通ったわよ。遠征したわよ。東から西へと。

 

かっこつけて、聴かなかったら、ライブに足を運ばなかったら、

今の私はなかったといっても過言ではないわ。

 

彼らは、バカだった。実にくだらなかった。

小学生のような悪ふざけを本気でやりたおし、心の底から楽しそうだった。

 

ライブに行く前にはCDを聴きこんだのね。

お気に入りの、かっこいい曲があって、それを楽しみに初ライブへ行ったの。

 

イントロから、きゃー!始まった~あの曲だわ!!!

とわくわくしていたら、

袖から、ふざけた衣装にいつの間にか着替えたメンバーが出てきて、

ネタをやり始めたの。

私が一番好きな、一番かっこいい曲なのによ。

唯一カラオケじゃない生歌も中断してるじゃないの!ボーカル!!!

 

のりのりで、盛り上がって、途中で涙するほど感動的なあの曲が、

「ネタ曲」だったの。

 

私はそれでさらに彼を好きになったわ。

 

「9割の人が爆笑している中で、1割でもいい、楽曲がいいなと思ってもらえたら

それでいい」ってどこかで言ってたなー。

 

理解してもらえなくてもいいんだよね。

自分が好きなことを突き詰めていけば。

 

f:id:namiki85:20161012220327j:plain

 

これは、ある年の彼のバースデーグッズのタオル。

なんで今更、この人のコスプレなのかしらね。

彼がやりたいから、やったんでしょうね。

 

ちなみに、私はもうヘドバンするのに疲れて、ファンクラブをやめてしまいました。

でも、彼のことはひそかに応援しています 

 

ジャッジやめる第一歩、それがゴールデンボンバーでした。というお話。

では、またねー。キスミー!