わがまま、勝手に生きよう。

“同級生に仏像のかっこよさを伝えたくて「ウルトラマン弥勒菩薩は似ている」とか

「ウルトラサインと梵字は一緒だよ」とか熱心に語っていたのですが、友達にはウケず、話が合いません。”

   みうらじゅん 『「ない仕事」の作り方』154ページより

 

私のトラウマとなっていた、小学生時代の苦い経験を、

みうらじゅんも同じ年頃に(小学4年頃)経験していました。

 

その後の仕事につながった趣味は、ただの興味だけで続けてきたわけではなく、実は飽きても続けていた とか、

長髪とサングラス をわざと続けている など、意外な事実も書かれていました。

 

昨日、私は あるセミナーを受けてきました。

そこで聞いたお話が、まさに みうら氏の生き方と同じでした。

 

1.とにかく自分がやりたいことをやる

他人から見てどうか、ではなく、自分が本当にやりたいことを自分勝手に やる。

2.すべてを受け取る

最終ゴールを決めて、そこまでに経験するすべての良いこと、いやなこと 全部を経験する と決める。

やりたいこと のための苦労・努力 は、してもOK。

 

背中を押されて勇気をもらった私は、ウケなくても、ほめられなくても、

私が面白い!と思ったことをやって、発信していきます。

興味なかったらじゃんじゃんスルーしてね!(笑)

 

今日もありがと~~~~。読んでくれるあなたも変り者かもね~~~。

 

f:id:namiki85:20160904225054j:plain