読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の目を気にする人は、○○な人が多い。

昨日の記事を書いたら、今朝すごーく気分が軽かったの。

やっぱり、なにかしら いいこと 明るい気分になれること を考えていると

いい気分 が続くのですねー。

 

さて、今日の話題。

「人の目を気にする人」は、「流行に敏感な人」が多い です。

 

これ、私がそうでした。

流行ってるファッションが好きで、

みんなと同じが良くて、

心優しく、明るくて、何でもできて、

そうじゃないと、人から認められない と思ってました。

 

でも、そんなのウソの姿だから、本当はつらい。

(ただ、その当時の私は、それがつらいってことにすら気づいていないの)

こんなの自分じゃない。

でも本当の自分がわからない。

やりたいこともわからない。

 

なぜ、当時の私はわからなかったのでしょうか。

答えを言いますね。

 

「みんなと違う、格好悪い自分をさらけ出したら、誰からも愛されない」って、

思い込んでいたからなんです。

 

だから、流行に乗って、みんなと同じことをしていれば安心なんだって思ってました。

 

本当にやりたいことがわからなくなるほど、

人から見て好ましい自分 = 自分の感情は後回し = 自分の本音にすら気づけない、

自分ではない別の誰か になろうと無理してました。

 

今は、やること や 考えること が人と違っていても大丈夫になってきましたよ。

人の目も、以前と比べたらほとんど気にならなくなりました。

 

どうしてそうなれたのか。

また次回、書きますね。

 

読んでくれてありがとうね! おやすみなさい。